前へ
次へ

転職のときには営業求人の種類を知っておこう

営業職で働いてきた人が転職しようと考えたときには営業求人を探すことが多いでしょう。
今までの経験を活かして働けるのが魅力ですが、新しい職場でどのようにして営業をしていきたいかを考えたことがあるでしょうか。
営業求人をよく見てみると担当業務には少しずつ違いがあります。
その中でも自分がやりたいものや経験を活かせるものを選び出して応募するのが転職に成功するためのコツです。
営業職の仕事としてメインになるのは新規顧客営業で、営業職がまず経験を積むことが多い仕事として知られています。
それと並んで重視されているのがルート営業で、既存顧客への営業活動になるのが特徴です。
この二つ以外にもカウンターセールスのように外回りをせずに店頭で営業をしたり、テレアポのように電話営業をしたりする仕事があります。
営業の仕方も多岐にわたっていて、現場の機能化を進めているところも増えました。
十分に求人を読み込んでやりたい仕事を担当できるようにしましょう。

Page Top